消費者の心をグッと掴む販促品の特徴

新商品を開発して販売する時は、宣伝活動で商品の魅力を消費者にアピールします。宣伝方法にはチラシを配ったり、ネットで情報を発信したり、路上で実演販売などがあります。どの方法も商品の魅力を伝える上で効果的な宣伝活動だと言えます。しかし、最近の消費者は商品の魅力を知っただけではなかなか購入には至りません。もう一つ購入する理由を欲しています。商品購入の決め手となるのは販促品と呼ばれる限定グッズです。消費者は限定という言葉に弱く、限定グッズのプレゼントは簡単に消費者の心を掴むことができます。消費者の心理を分析して、需要の高い限定グッズを開発することは、新しい商品を開発するのと同じくらい重要とされています。商品を売るには宣伝活動だけでなく、より強いインパクトを与えなければいけません。

限定グッズの魅力について知ろう

有名会社などが開発する販促品は、消費者にとって価値のある物になります。例えば、飲料水メーカーが売上を上げる為にボトルキャップやフィギュアなどをおまけに付けることがあります。このおまけは基本的に再販されることが無く、その場限りの限定グッズとなります。そういった限定グッズは、ネットオークションを通して取引されることがあります。珍しいグッズだとプレミア価格が付くこともあります。特定の会社を贔屓する消費者は多く、限定グッズを集めてコレクションすることを趣味としている人も存在します。限定グッズの魅力はコレクションする楽しさだと言えます。地域限定のグッズを求めて遠出する人も存在するくらいなので、限定グッズには単純に消費者の購買意欲を高める効果があると考えられます。

消費者が求める限定グッズを分析する

単純に限定グッズを用意するだけでは効果は薄いです。商品を購入してくれる消費者層を分析して、新しい消費者層を獲得する為に限定グッズの開発を行います。例えば、売りたい商品が化粧品の場合、ターゲットとなる消費者層は女性になります。その為、必然的に販促品も女性向けのグッズを開発するのが良いと考えられます。この場合は化粧品を入れるポーチや日常的に使えるハンカチなどが適切だと言えます。新しい消費者層を獲得するなら、試供品の配布も効果的だと考えられます。商品のことをいくら紹介しても、実際に使わないと商品の魅力を理解してもらうのは難しいです。試供品の配布は使って貰う機会になり、商品の魅力を理解してもらえればリピートに繋がります。近年では様々な消費者を獲得しようとする働きが目立ちます。その一つにキャラクターとコラボする企画があり、多くの消費者を獲得するのに役立っています。