商品のデメリットをうまく伝える販促品

販促品というのは商品の魅力を伝えるために作るものですが、それだけでなくデメリットも伝えるためのものでもあります。どのような商品であっても一長一短があるわけですから、良いところを伝えようとすれば悪いところも伝えることになります。その際に悪いところが悪く伝わってしまうのであれば、逆に売上が落ちてしまう原因となってしまうので注意が必要です。悪い部分も長所と思わせることができるように、上手に宣伝をすることができれば商品の売上に大きく貢献をしてくれるので、悪い部分の店方というのも大事なことになってきます。良い部分ばかりを伝えようとして、悪い部分を隠すようなことをすると反感を買ってしまうことになりかねないので、長所と短所を上手に伝えることがポイントです。

短所を長所に変える宣伝の仕方を

販促品はいい部分だけでなく、どのような欠点があるのかということを伝える必要もあります。特定の商品を購入しようとしている人の中には、メリットの部分よりもデメリットの部分が気になっているという人もいますから、そのデメリットが問題となるかどうかが重要となります。それだけに、デメリットの部分をうまく伝えることによって安心をして購入をしてくれることにつながるので、短所を上手く伝えることが大切です。例えばサイズが大きい場合には大きくてかさばる代わりに使いやすいと宣伝をすればいいですし、小さくてなくしてしまいそうなものであれば、どこに行ってしまったのかわからなくなってしまうほどのコンパクトサイズといったように長所と短所を併せ持った宣伝にすれば効果的となります。

注意点をしっかりと前面に出してみる

販促品で商品のデメリットを上手く伝えるためには、正確な情報を前面に出すということが大切です。商品の悪い部分はどうしても隠してしまいたくなるものですが、消費者の一番知りたい部分というのはその部分ですから、下手に隠そうとするのではなくはっきりと伝えることが重要となります。商品に不安を持っている人は悪い部分を隠されてしまうと、その部分が気になって手が出にくいものですし、逆にそこで悩んでいる人は不安な点を解消することによって購入意欲が枠ということがあるので、デメリットは包み隠さずに前面に押し出すことがポイントとなるのです。下手に隠そうとするのは逆効果になってしまうので、客にとって欠点となりそうな部分はむしろわかりやすく前面に出して説明をすることが大切です。