商品のポイントをうまく伝える販促品

生地に文字をプリントした販促品を活用したいと思ったら、まずは文字の読みやすさを重視する事を忘れないようにしてください。特にタオルやハンカチなどの生地に、商品の良さをプリントしようと考えているのであれば、文字数が多くなりすぎないように注意しなければいけません。もしタオルやハンカチの表面に文字数を多くプリントしすぎると、生地に少しシワができただけで、文字が潰れて見えてしまう事もあるためです。少ない文字数でフォントサイズを大きくしておくと、ある程度は生地にシワができてしまっても、何が描かれているのか一目で理解できます。現在ではタオルやハンカチの、色落ちの心配はしなくても良いようになってきていますから、何の文字をプリントするか考えておけば問題ありません。

両面を使って商品の良さをアピールできる

商品の魅力を細かいところまで伝えたい時には、うちわなどの両面に文字をプリントできる販促品を活用してみてください。両面を使って商品の良さをアピールできるからこそ、自社が伝えたいと思っている商品の良さを、余す事無く伝えられることでしょう。ただし一目で商品やサービスの名前を覚えてもらう事も大切ですから、表面だけでもフォントの大きさにこだわって、商品名などをプリントする事をおすすめします。うちわの裏側には商品やサービスの良さを、全て掲載するつもりで大量の文字をプリントしておけば、商品に興味を持った方々が説明文を読んでくれるようになります。文字が潰れにくいところが、うちわに説明文をプリントするメリットですから、細かい文字を入れたい時に活用してみてください。

画質にこだわったプリントを意識

飲食物などの見栄えの良さをアピールする必要がある時には、販促品にどれだけ綺麗な画像をプリントできるのかこだわってください。印刷技術も進化している現代では、果物や野菜に付いている水滴の美しさや、ステーキなどの脂身のツヤまで綺麗にプリントできるようになっています。うちわなどの表面に小さく画像をプリントするだけでも、画質の良さが一目で分かるぐらいに、印刷技術の進化を感じさせてもらえます。飲食物はツヤが綺麗に見えるほどに、その画像を見ている方々の食欲を刺激する事ができて、良い宣伝になると考えてください。プロのカメラマンを雇って宣伝用の写真を撮影してもらい、それをプリントするだけでも、宣伝効果が大幅にアップしている事が分かります。美しい写真がプリントされているだけでも、存在感を出す事が可能です。