消費者の購買意欲をそそる販促品

新しい商品やサービスを消費者に提供する時、その商品やサービスの魅力を伝える為に宣伝活動を行います。宣伝活動には紙媒体を使ったチラシの配布やインターネットを利用して情報を発信する方法などがあります。しかし、ただ単純に商品の魅力を伝えるだけでは消費者の購買意欲をそそるのは難しいです。どうすれば消費者に新しい商品やサービスを利用してもらえるか?そう考えた時に思い付くのは、販売促進を期待して販促品を提供することです。提供する商品は様々な媒体から選ぶことができます。知名度の高い会社が提供する商品は、ノベルティグッズと呼ばれることもあります。ノベルティグッズは基本的に再販されることが無いので、一部の商品はプレミア価格で取引されることもあります。消費者はこうした限定グッズを目的に新しい商品やサービスを利用してくれます。

提供する商品のターゲットは誰?

消費者が限定グッズを目当てに新しい商品やサービスを利用しやすくなることは分かりました。ここでは限定グッズのターゲットとなる消費者層とどういった商品開発をするのか考えていきます。まずは提供する商品やサービスの消費者層を知ることから始まります。例えば、髭剃りの売上を上げたいと考えたら、消費者層は男性です。つまり、販促品も男性向けのグッズが良いと考えられます。ここから男性が好むグッズを調査して、限定グッズの開発を行います。ターゲットの選択さえ誤らなければ、限定グッズに引き寄せられて、他社の髭剃りを利用している消費者が購入してくれます。一度商品を使って貰うことで、自社商品の良さを伝えることができます。消費者に商品の魅力を理解してもらえれば、リピーターが増える結果に繋がります。

限定グッズは何を選べば良いのか?

販促品として提供する限定グッズは様々な媒体から選ぶことができます。ノートやカレンダーといった紙媒体は安く大量生産できます。トートバッグやポーチなどは日常生活で使えるので人気があります。最近では、アニメのキャラクターとコラボした商品を見掛けることがあります。アニメのキャラクターとコラボすることで、特定のファン層を引き寄せる効果を得られます。アニメは一つの作品で複数のキャラクターが登場するのが一般的です。その為、キャラクターの数だけクリアファイルやキーホルダーを作れば、消費者にコレクションする楽しみを提供することができます。人気のアニメ作品などは、全て集めたいというファン層が多く、商品の売上に大きく貢献してくれます。どういった限定グッズが喜ばれるのかしっかり調査して商品開発を行いたいです。